スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、終わらない!

今朝もウミガメが来た。平年ならば8月になるとピタっと来なくなるのだが、天候不順の為か全般に遅れているようだ。この個体の産卵巣を見ると、つまり「下手」なのである。一昨日、さんざん砂浜を掘り返したあげく、産卵できなかった個体と同一個体のようだ。2カ所目の場所でやっと産卵できた事を確認。
814-1_2017081407062779d.jpg

814-2_20170814070629d1f.jpg

スポンサーサイト

多分、最終産卵!

今朝は孵化調査も始まったので少し早く家を出て、海岸へ。午前3時過ぎ、波打ち際に黒々とした物体を発見。毎日海岸にいるので、無灯火でも流木の状況は把握しているのだが・・と近くに行くとタートルトラックだ。海に戻る途中のウミガメを発見。大きな個体で顔に見覚えがある。6月6日に会ったヤツと同じ個体だ。それも干潮時刻という事は、本年最後の産卵だから私に会いに来たのだろうと勝手に決めつけた。写真を撮らせてもらって(本当は一緒に写りたかったが1人だけだった)午前3時05分波間に消えるのを見送ってあげた。感動の朝である。産卵巣は砂浜の高い位置なので、「犬」よけの金網を上に置いて固定した。813-2_201708130714287e5.jpg

813-1_201708130714262b0.jpg

813-3_20170813071429a77.jpg

813-4_20170813071431f40.jpg

そろそろ産卵シーズン終了!

今朝午前1時頃、激しい雨音で目が覚めた。幸い午前3時にはあがり、定時巡回に出発。時折稲妻が光る怖い海岸だから、松林の近くを歩く。暗がりにまっすぐ伸びるタートルトラックを確認。「1本だ!」まだ上にいるに違いないと探すが居ない。よく見ると、上陸してきた足跡を辿るように海に帰っていった。なかなか、味のあるヤツだと感心することしきり。自然状態での孵化限界日が8月10日頃だ。これを過ぎると、砂温が低下して自然状態では孵化できなくなる恐れがある。6月10日頃までの産卵巣からの脱出も始まり、秋の訪れを感じされられる日々だ。定時巡回終了まで残すところ1週間である。812-1_20170812071253934.jpg

812-2_20170812071255a9e.jpg

産卵シーズン終了間近!

そろそろ「ヤツ」が来る頃だと思っていたら、やっぱり来た。午前3時10分。暗がりの砂浜にくっきりと浮かび上がるヤツの足跡だ。干潮時刻なので、もう居ない。足跡から昨夜の満潮時刻(22時頃)に産卵に訪れたようだ。午前4時半に処理していると、もう1人の監視員から電話があり、事情を話すと「さっき回ったのに見落としたかなぁ?」と言う。心の中では「寝てたクセに・・」と思いながら、卵の位置を確定して標識をつけて終了。

730-1.jpg

730-2.jpg

産卵シーズン終盤を迎えて・・・

今朝も「ヤツ」は来た。午前3時には月が出ていたものが、3時半頃から小雨模様となって、いつも来るオヤジも来ない。最終チェックポイントに行くとタートルトラックを確認。海岸に降りる階段の横で、産卵しているのか分からない。この個体、正体を見てはいないが、この場所に執着している個体だ。2週間前にも、同じ場所で2回産卵に失敗した後、3回目にやっと産卵した。産卵場所と思われる位置が狭く、分かりにくかったが、ここはウミガメの気持ちになって・・と、やっぱり産卵していた。移植作業を手早く行い終了。
717-1.jpg

717-2_20170717064702bcb.jpg

717-3.jpg


プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。