スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピタリと来なくなってしまった!

本来なら最盛期に入る筈のウミガメの産卵だが、6月14日以降、ピタリと来なくなってしまった。
定置網の漁師に聞いたが、6月中旬には、よくウミガメが入網したが、その後、いなくなったという。
天変地異・地震の前触れではないかと心配している。
今朝は、午前3時には月が出ていたものの、5時頃から雨が降り出した。
梅雨時の海岸の朝靄のかかった幻想的な朝だ。
12-2.jpg
スポンサーサイト

梅雨時の朝焼け!

今朝の巡回時間は、サッカーの試合の時刻とかぶった。
しかし、定時巡回は止めるわけにはいかない。
過去に、そのような自分の都合で、「裏」をかかれた事が何度もある。
「こんな日にヤツは来る」と、期待感に胸を膨らませて巡回する。
今朝から大潮で巡回時間が満潮時と重なるからだ。
「夜光虫」も光り出した。
3時半にはISS国際宇宙ステーションが上空を通過する筈なのだが、雲が厚くて観測は出来なかった。
結局ウミガメは来ず。明日に期待をかけて終了。
巡回途中で、海岸近くの民家から歓声が聞こえた事で、サッカーの方も一安心だ。
12-1.jpg

久しぶりの晴天!

久しぶりに傘の心配をせずにフル装備で海岸巡回ができた。
しかし、満潮時が午前2時半頃なので、昨日までの雨で増水した河川の河口が拡がって渡れないので、
2本の川を渡る時は、大きく迂回して渡らなければならないのが苦痛だ。
しかし、巡回後半は夜が明けてきて、素晴らしい富士山の絶景を拝む事ができた。
今日も良い一日でありますように・・・
10.jpg

今年は少ないのか?

今朝も小雨の降る海岸を午前3時から巡回。
海ホタルも居ないし、月も見えない静かな朝に期待をかけたが、どこにも居ない。
今日は夏至。日の出時間は午前4時32分。
明日から3日~4日毎に1分ずつ、日の出が遅くなってゆく。
夏も終盤を迎えている。

来なけりゃ、寂しいし、来れば来たで、面倒。(静波巡回員談)
9.jpg

今朝は暴風雨!

梅雨に入って今朝は暴風雨。
南西の風11mの風雨が強い。
しかし、こんな日だってウミガメは来る。過去、台風直撃時にも上陸してきた事がある。
今朝の出で立ちはウェットスーツ。風が強く、傘が役に立たないからだ。
今夜はワールドカップの日本戦があるので、明朝サーファーは多分いないだろう。
しかし、雨の日の巡回はていへんだな!
8.jpg

豪雨

午前3時には雨が降っていなかったので巡回開始。
なんとなく気味悪い海岸。濃霧で御前崎の灯や相良漁港の灯も見えない。
南南西の生暖かい風が吹く。
午前3時30分。案の定雨が降ってきた。傘をさすが、横殴りの雨で役に立たない。
こんな日に産卵されると困る・・・人の勝手な都合!
来なくて良かった!
asa2.jpg

荒天時にも来た!

今朝は雨天。海岸は風速10m以上の強風。
こんな日でも来ると確信し、タートルトラックが消えないうちにと・・午前3時出発。
合羽に長靴の重装備だが、合羽に着く雨滴に飛砂がついて全身砂だらけだ。
満潮時間が迫るなか、タートルトラックを発見。
砂浜が狭く、おまけに砂浜中央で流木を燃やした跡が並んでいる手前に産卵。
石ころだらけの砂浜で、1個破損確認。140個を確保して保護区画に移植。
6.jpg
7.jpg

朝焼け!

今日の天候は下り坂。
真っ赤な朝焼けが確認できた。
素晴らしい景色だ。
asa1.jpg

ついに来た!

ついに来ました。
今朝、初上陸・初産卵です。
大潮の満潮時が午前4時頃なので、一番上陸の多い海岸から巡回をかけたのが、裏目に出ました。
後背地にコンビニがあり、普段上陸の少ない海岸に来ました。
発見時間は午前3時33分です。
しかし、コンビニの看板の光が強かったのか、砂浜途中で産卵して帰ってしまいました。
高波時は冠水する場所なので、移植しました。
写真下の奥に植生が見えますが、あそこまで登って産卵すれば、移植の必要は無いのですが、逆にあそこまで
行くと、後背地のコンビニの看板の光や国道の街灯などが、まる見えになります。
産卵個数は96個。1個は砂中の木ぎれが突き刺さって破損していました。
0612-1.jpg
0612-2.jpg

死骸・・・テトラ脱出!

ウミガメの死骸がやっとテトラの間から脱出した。
死骸だから「脱出」という言葉は不適切だ。
不適切な言葉に「Yes we 管」という新総理を揶揄する言葉もある。

昨日「日本ウミガメ協議会」なるNPO法人の事務局長である水野氏(氏はポロシャツの上にワイシャツを着ているという奇妙なファッションセンスの持ち主のようだが・・)に問い合わせたところ、タグ(標識)の番号から、高知県で装着された可能性が高いとの事。あとで、標識を切り取ってよく調べてみる事にする。

メスの最大級(甲長88.7cm)で、「卵」を持っている事も確認された。
原因究明の為、解剖しようと思う。
29.jpg
30.jpg

解剖した。
消化管内容物は、産卵期間中の為か無。
4.jpg

死骸が困った!

日曜日に渚でフラフラしていたウミガメの死骸。
漂着したら解剖しようかと思って、昨日現地に行ってみると、場所が変わっていた。
満潮時水没する箇所のテトラの間に挟まって、半分砂に埋もれている。
夕刻、ロープとシャベルを持って、ひっぱり出そうとしたものの、重くて動かない。
仰向けなので甲長は計測できないが甲巾は76cm・・で多分甲長90cm程度と推察
され、重量は100kg程度だ。
応援に近くの「ジェットスキー店」の店長も手伝ってくれたが、動かない。
店のユニックも届かない。
タグが装着してあったので番号を確認後、ウミガメ協議会に連絡。どの地域での装着か確認中だ。
27.jpg

28.jpg

ついに来たと思ったら・・・・

ついに来たと思ったら「死骸」だった。
アカウミガメの雌。甲長80cm程度の大きな個体だ。
多分、卵を持っていると思われるが、漂着前だったのと、日曜日はスケジュールが一杯(海岸清掃・海岸測量・スタッフミーテイング)で、一日置く事にした。
今朝、現地に行くと、無事漂着していたが、仰向けに、テトラに挟まっている。
現在、解剖できるか思案中である。
26.jpg

早くこいこい!

今朝も静かな海だ。
月もだいぶやせ細ってきて、「ウミホタル」も、もうすぐ観察できるようになる。
海岸も少しずつ潮が満ちてきて、もうすぐ大潮だ。
各地からウミガメ産卵の情報が届くなか、こちらにはまだ現れない。
午前3時からの巡回を終え、4時半から再度海岸をジョギングして、ひたすら待つ。
帰宅すると、我が家のキツツキの「ケンちゃん」が巣穴から首を出して、じっと見ている。
親鳥が餌をくわえてきて、雛にあげているらしいが、この「キツツキ」は、習性から、木の枝の上にとまったり
しない。木に張り付くようにとまる。
見ているとまだら模様から「セミ」のようだ。
P1040258-1.jpg

今朝は晴天!

今朝は風もなく、実に穏やかな晴天の朝だ。
干潮時刻も午前4時。ウミガメが来にくい時間でもある。
確実に水温、砂温も上昇してきており、秒読みが続く。
午前3時からの巡回を終え、午前4時20分、定点で写真撮影をして終了。
22.jpg

来そうで来ない!

今朝の気温は摂氏15℃。風も弱く、月明かりで午前3時の海岸は明るい。
そろそろ来そうな予感・・・で、今朝も来なかった。
毎朝、午前3時からの巡回で手元の「万歩計」は7,000歩程。
ウミガメシーズン以外のジョギングとほぼ同じ歩数だ。
ジョギンクしたいが、背中には「ビデオカメラ」「水中カメラ」「三脚」「標識」「標識装着用器具」「虫除けスプレー」「雨具」・・などが入ったリュックを背負っている為、走れない。
午前4時20分の定時に終了。相良海岸南端の定点ポイントからの撮影。
21.jpg

まだ来ないウミガメ!

今朝も気温は摂氏17℃。
6月になったというのに寒い日々が続く。
海水温もこの1週間で1℃程度上昇したものの、まだ19℃しかない。
http://fish-exp.pref.shizuoka.jp/01ocean/img/kouseido/201005/31/so.jpg
ちなみに昨年は、こんな感じだ。
http://fish-exp.pref.shizuoka.jp/01ocean/img/kouseido/200905/31/so.jpg
黒潮は昨年は、遠州灘で蛇行していたものの、水温は5月31日で20℃に達している。
今年の黒潮の本流は、かなり近くなっているものの、黒潮本流北部の水温上昇が遅れている。
といっても、もうすぐです。
今朝の午前4時20分・・小雨が降っていました。
早朝の海岸
プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。