スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前3時からの巡回調査は今朝で終わりである。
何もなくホッとしているところに電話がかかってきた。「ウミガメが居ます!」と。
早速現地に行くと、巣穴掘り中である。太陽も出てきた。帰らない・・続いている。
1_20120820071954.jpg

午前6時頃、やっと産卵を始めた模様だ。
2_20120820072002.jpg

3_20120820072008.jpg

無事産卵を終え、午前6時30分に帰海した。
4_20120820072014.jpg


スポンサーサイト

産卵シーズン終結へ・・・

アカウミガメの産卵シーズンもほぼ収束してきた。
が、今朝また、やってきた。
非常に場所としては悪い緩傾斜護岸設置海岸だ。
この海岸は、海に向かって階段状の防潮堤が設置してあり、ウミガメが上陸して、コンクリートの階段にあたって、そこで産卵しようと巣穴を掘っても、下の階段に当たって産卵できないのである。

こよううに、なんども産卵しようと巣穴を掘るが、なかなか産卵できない。
3_20120816071203.jpg

どこへ行っても、下からコンクリートの階段が出てくる。
4_20120816071212.jpg

なんとか産卵した産卵巣。移植の為、卵を掘り出すと、巣穴半分にコンクリートの階段が出ている。
よく写真を見ると、左側にコンクリートの階段が確認できる。
5_20120816071219.jpg


孵化脱出始まる!

不思議なもので、あれだけたくさん来ていたアカウミガメだが、例年8月10日を境にパタッっと来なくなる。
そして、お盆の頃に孵化脱出が始まるのである。
その頃は、沖合を流れる黒潮に、クラゲの孵化幼体が大量に漂いはじめる頃。
昨夜、6月1日産卵の巣が一斉脱出をしていった。
元気に育ってくれる事を祈るばかりだ。
2_20120814063937.jpg

そろそろ終わりだが・・・

アカウミガメの産卵シーズンも最終時期となってきた。
今朝まで大潮なので、来ないと思ったら、昨日と連続して産卵しに来ている。
今朝のものは場所が悪かったので移植。
河川河口の水門工事の為、積み上げられた土砂山正面に上陸してきたものの、土砂山に登る場所がガケになっており、
上に上れず産卵。
2_20120804070647.jpg

3_20120804070655.jpg

アオウミガメのストランディング!

今朝は台風10号が南海上を通過している為、高波が押し寄せている。
そんな中、通報により、ウミガメのストランディング情報が寄せられ、現地に確認に行くと、若い男女が波に流されないように確保してくれていた。
比較的若いアオウミガメで、甲長766mm 甲幅586mmの個体で、背面甲板は亀裂が入っている。
腐敗も進んでいるので臭気もすごいし、ガスが溜まっているようだ。
1_20120801110951.jpg

背甲の亀裂
3_20120801111005.jpg

アオウミガメは主食が海藻なのだが、口蓋にも海藻が一杯!
2_20120801110958.jpg

解剖してみても、消化管内容物は全て海藻で、異物は発見されなかった。
死因不明。
4_20120801111014.jpg


プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。