ふるさと講演会のご案内



1-3_20150208150429095.jpg
『山~川~海』ふるさと講演会ⅩⅠ開催のご案内

 私たちカメハメハ王国では、相良海岸に産卵の為、訪れるアカウミガメの保護をとおして開発と自然との調和等を考える為、
18年前に設立されました。
 そして、12年前から行われております大井川流域の人々の海岸清掃から、この相良の地で生息している私たちをはじめ、多くの動植物、昆虫、そして海洋に生息するウミガメはじめとする全ての生物が雄大な南アルプスの恩恵を受けている事に気づきました。
 そして、この地における豊かな生態系は、山・川・海の連続した豊かな自然のうえになり立っている事を再認識しようということで、昨年までに10回の『ふるさと講演会』を開催する事が出来ました。
 今回は三島市において、日本で初めて「グランドワーク」という手法を取り入れて、市民・企業・行政が連携して環境整備、市民教育、町の再生事業に成功している先駆者である「NPO法人グランドワーク三島」の牽引役を果たした同組織専務理事の渡辺豊博氏をお招きして講演会を開催するはこびとなりました。
 牧之原市内からもよく見える富士山が世界遺産に登録されており、その周辺で活動される渡辺氏の苦労話や将来の展望から学ぶべきところが大いにあると考えます。
 是非、上記趣旨を理解され、特に榛南の将来を担う子供達とその父兄・市民の皆様にお集まり頂いて、私たちに豊かな恵みを与え続けている『山・川・海』とそこに存在する『生命』の美しさが素晴らしいものであり、また想像を絶するほど私たち人間に恩恵を与えているものであり、それらが単一ではなく私たちをも含めた連続した生態系のうえに成り立っており、今まさにそのバランスが失われつつあり、それらを取り戻す為の『循環型社会』の構築が今こそ必要であるという事を多くの人々に理解していただければ幸いです。

                                 記
 実施日程 平成27年3月22日(日)13:30~15:30(12:30受付開始)

 場  所 牧之原市相良公民館 〒421-0524 牧之原市須々木854-10  TEL 0548-52-1021 
*入場無料

 内  容  『 富士山は世界文化遺産にふさわしい山なのか 』
          -富士山を救え・NPO・市民の役割とは-

 講  師:渡辺豊博 氏 NPO法人 グランドワーク三島 専務理事 
1950 年生まれ。東京農工大学農学部を卒業後、静岡県庁に入庁して、農業基盤整備事業などを担当。
2007 年に農学博士号を取得し、2008年より都留文科大学社会学科教授。市民活動論や富士山学などを
開講している。本業の傍ら、富士山に関係する 4 つの NPO 法人の事務局長職を歴任。
 
 主  催  カメハメハ王国  問い合わせ 渡辺美穂子(電話 0548-52-4569)
 
 後  援  牧之原市・牧之原市教育委員会

※会場整理の関係で参加申込みは、こちらからお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる