本年、やっと11回目の上陸です。

今朝もウミガメは来ないだろうな!と巡回していると、意外にも来るものである。7月8日に産卵に失敗した個体があったが、ほぼ同じ位置に、かなりの距離を歩いて、数カ所で産卵を試みた跡があったが、結局産卵しないで(多分出来ないで)帰ってしまった。最後に波打ち際まで来て「最後っ屁」のようにボディーピットして帰っていったのには笑えた!726-1.jpg

726-2_20160726072146ef1.jpg

スポンサーサイト

昨日産卵に失敗した個体か?

昨日産卵に失敗したカメがいたから今日こそは・・と海岸をくまなく回ったが何処にも居ない。一番最終確認の巡回コースの最後に行った時、普段は砂浜の無い所に一筋の線が双眼鏡で確認できたので、もしやと思い行ってみたら産卵してあったのである。満潮になると行けない場所なので急いで掘り出して移植した。722-3.jpg

722-1_20160722071213d2d.jpg

722-2_2016072207121479d.jpg


ひさしぶりの上陸!

午前2時59分、久しぶりのタートルトラックを発見。し・しかし、場所が悪い、川が大きく蛇行している箇所である。調子良く上陸したものの、川にドブン!台風の高波も無かった為、川の両岸はガケになっていて登れず、やむなく河口から海に帰って行った。7月8日の川にハマった個体と同じであれば、なんとドンクサイ亀なんだろう!721-1_20160721065948f13.jpg

721-2_201607210659502ef.jpg

721-3_2016072106595165f.jpg


アカウミガメのストランディング

相良海岸ストランディング記録16-02

1.漂着日時  平成28年7月12日     死亡漂着 午前3時30分発見
2.漂着場所  静岡県牧之原市相良地先海岸
3.調査者氏名 山本明男 7月12日午前4時30分~5時30分
4.立会人氏名 先生圭造、増田 学、浅井光男
5.認識番号  無し
6.種  別  アカウミガメ ♀
直甲長 645mm
甲 幅 541mm
7.その他の所見 甲板剥離途中
四肢・頭部有り
8.解剖所見   消化管内容物
胃:無し
腸:貝殻・大量の小魚の骨
9.全体所見 死因不明・死後1週間程度(肝臓の溶け具合より推測)
  背面甲板全般に擦過痕有り
また、腸の内容物に通常の巻き貝等の貝殻の他に大量の小魚の骨が散見された事から  定置網に入網しての溺死の可能性が高いと思われる。
  アカウミガメの成体になりたての個体で、卵巣内部には卵胞は保持していなかった。
1-1_201607120737013f7.jpg

1-2_2016071207370276e.jpg

1-3_20160712073703f34.jpg

1-4_20160712073705c7e.jpg

1-5_20160712073707e9e.jpg


ウミガメ救出!

今朝は3頭が産卵にやってきた。内2頭は無事産卵したが、1頭は上陸後巣穴掘りに2度失敗し、砂浜を横に100m程歩いて
河川に落ち、河川の中で動けなくなっていたので、皆で助けて海に帰した。
また、海水浴場海の家の前に産卵したものは、保護区画に移植した。
708-4.jpg

708-3.jpg

708-1.jpg

708-2.jpg



本年5回目の産卵を確認!

今朝、午前2時50分からの前半の海岸巡回を終え、後半を開始した午前3時40分過ぎ、海水浴場にタートルトラックを発見。いつも、あまり来ない場所なので後回しにしていた場所に産卵して、親ガメは既に去った後であった。海水浴場なのと台風の発生時期になったので移植した。126個を確認。移植巣は手堀りでウミガメが堀ったような形にして移植しないと、スコップ等で掘ると孵化率が落ちるのです。だから、砂まみれ~!
704-1_2016070407264822d.jpg

704-2_20160704072649a93.jpg

704-3_20160704072651cd8.jpg


プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる