今朝は「ドロボー!」は来なかった!

今朝は沼津港所属のチャーター・研修船のスクーナー「ami号」のクルー達と海岸巡回。「ami号」は、青少年育成の為の研修船だという。今回の入港の目的は、青少年研修の一環として、「ウミガメ」を研修に盛り込めないかという事で入港して、我々とコンタクトをとる事。仲介はami号の会員で、榛原高校の校長先生だ。
そんな中、午前3時からの巡回終了間近に、静波のk君から連絡があり、産卵巣があるというので、現地に行くと、産卵していたのであった。一同卵を見て、大喜びだった。
717-2.jpg


ami号
1_20110717065902.jpg
2_20110717065910.jpg

3_20110717065917.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Mahalo Nui Loa !!

山本さん、カメハメハの皆さん、こんにちは。
NPO法人日本ハワイアンカヌー協会事務局の木と申します。
昨日、帆船AMIに乗せていただいて相良を訪れた際には、
海ガメの保護活動を見学させてくださり、ありがとうございました。
まだ温かくて少しやわらかい産みたての卵に触れた時には、
命の尊厳を感じて、胸がジーンとしました。
私たちが建造を目指している古代ポリネシアカヌーな近代的な
計器をいっさい使わずに大海原を渡ります。
ポリネシアの人々にとって海ガメは海を守り、海を渡る者を守る
神聖な生き物です。
貴重な体験をありがとうございました。
今後とも、宜しくお願いいたします。
山本さん、メロン美味しかったです、ごちそうさまでした!

いえいえ、こちらこそ素晴らしい船に乗せていただいて感謝です。私のヨットは26フィートのFRP製。やっぱり木製の船は良いですね。現在台風の荒波で、現状保存しておいた産卵巣が次々に水没しています。
野生生物には、なるべく手を触れないようにと・・先般の産卵巣は移植しましたが・・移植しない卵は全滅の危機です。
人々が保護をしていなかった時代も生き残ってきたウミガメ達です。水没死滅しても、それも運命なのかもしれません。
そう考えると、移植という行為は、人間のエゴなのかもしれませんね。中村校長のように、食べてあげる事も必要なのかもしれません。
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

kamechan88

Author:kamechan88
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる